弱虫ペダル

弱虫ペダル648話ネタバレ最新話確定【12キロの重りに苦戦する坂道!川田は勝利を確信?】

弱虫ペダル648話ネタバレ最新話確定【12キロの重りに苦戦する坂道!川田は勝利を確信?】
スポンサーリンク
Pocket

2021年7月21日発売の週刊少年チャンピオン掲載漫画弱虫ペダル648話ネタバレ最新話確定【12キロの重りに苦戦する坂道!川田は勝利を確信?】を紹介していきますよ。

流石に坂道とはいえ、12キロの重りを背負った状態で走るのはキツそうでしたね・・・

それにしても、川田はとことん嫌な奴で「フェアにいこう」という言葉はそっくりそのままお返ししたいものです(笑)

それでは、2021年7月21日発売の週刊少年チャンピオン掲載漫画弱虫ペダル648話ネタバレ最新話確定【12キロの重りに苦戦する坂道!川田は勝利を確信?】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<弱虫ペダル最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

弱虫ペダル648話ネタバレの考察


弱虫ペダル648話以降に起こりうる展開を考察していきます!

 

 

弱虫ペダル648話ネタバレの考察|川田の煽りが逆効果に?

もし本当にキャプテンをかけて勝負するというなら、こんなハンデ戦は何も意味がありません(笑)

坂道の一存で決められるはずもなく・・・

それに坂道をキャプテンに選んだ人達に対しても完全な裏切り的な行為ですから、坂道ですら部にいられなくなるかもしれません。

いちいち川田のセリフにはイライラさせられますが、その煽りが坂道の起爆剤になるのでしょうか?

この後も川田は先輩方のことを悪いように貶すかもしれませんし、坂道としては本人の非難は気にしない性格のようですが、巻島をはじめとした先輩に対するリスペクトが欠けていたり、否定されたら逆効果になるのは間違いないでしょう。

川田は踏んじゃいけない地雷をすでに踏んでいるような気もしています・・・

 

弱虫ペダル648話ネタバレの考察|自転車競技部が分裂?

鏑木かなり怒ってますが、読者の皆さんも同じような感じでしょうね!

今泉のいうように「仲良しクラブじゃない」「強いヤツが勝つ」「悔しかったら勝て」という考えも正しいとは思いますが、それはチーム内での信頼や切磋琢磨があってこそ。

いきなり現れた川田が不正して勝利し、それを知っている鏑木は今泉の言葉を受け入れられないのは当然のこと。

今泉は鳴子についても同じような反応だと言っていましたが、川田が不正して勝ったことには鳴子は気づいていると思います。

それでも勝ったヤツが強い、部内で競争意識が高まった方がいいと鳴子は考えるのか?

そうなればチーム内の関係もガタガタで、インターハイでは協力も作戦も機能しないでしょうね(笑)

 

弱虫ペダル648話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想


 

スポンサーリンク

弱虫ペダル648話ネタバレ最新話の確定速報


弱虫ペダル648話最新話の内容が判明次第こちらに追記していきます。

次回の弱虫ペダルはチャンピオン発売日の週の火曜日、水曜日には確定するかと思いますので、こちらのページをブックマーク等をして再度訪問ください。

 

スポンサーリンク

まとめ


ここまで、2021年7月21日発売の週刊少年チャンピオン掲載漫画弱虫ペダル648話ネタバレ最新話確定【12キロの重りに苦戦する坂道!川田は勝利を確信?】をご紹介しましたがいかがでしたか?

杉元とのレースも普通に川田が負けるだろうと考察していましたが、結果は川田の勝利になりました。

となると、この坂道とのハンデ戦も勝敗はどうなるか分からないような展開になるのでしょうか?

以上、弱虫ペダル648話ネタバレ最新話確定【12キロの重りに苦戦する坂道!川田は勝利を確信?】でした!

スポンサーリンク