ボルト

ボルト61話ネタバレ【カワキが大筒木としての本領発揮?コードとエイダが迫る!】

ボルト61話ネタバレ【カワキが大筒木としての本領発揮?コードとエイダが迫る!】
スポンサーリンク
Pocket

2021年8月19日発売のVジャンプ掲載漫画ボルト61話ネタバレ【カワキが大筒木としての本領発揮?コードとエイダが迫る!】を紹介していきますよ。

デイモンの能力が判明しましたが、まだまだ隠している能力がありそうなので、その強さは未知数でしょう・・・

そんな状況でカワキがチャクラを消すという技をいつの間にか習得していましたが、この後コードとの対決になるのか・・・

それでは、2021年8月19日発売のVジャンプ掲載漫画ボルト61話ネタバレ【カワキが大筒木としての本領発揮?コードとエイダが迫る!】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<ボルト最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

ボルト61話ネタバレ最新話の考察


ボルト61話以降に起こりうる展開を考察していきます!

 

ボルト61話ネタバレの考察|カワキが洗脳?

現状のボルト達とコード達を比べると、やはりコードたちの方が強いと思われます。

ですので、ナルトが死ぬという展開も覚悟しなければなりません。

となると、カワキ闇落ちするということになるのはほぼ間違い無いと個人的には思っています。

違う展開をすると仮定するとしたら、アマドによる自称木の葉の味方になる新しいサイボーグでカワキ含めた木の葉みんながカタスケみたいに洗脳されるという展開。

淨眼を持ってるボルトだけが唯一それを見抜いて戦うというパターンも無きにしも非ず・・・

これまでのアマドの流れを鑑みても、木の葉の本当の味方になる奴作ってるとは考えにくいと思います。

ということは、これから木の葉を守るついでに別天神みたいに誰も操られていると気付かないくらい強力な洗脳、さらには幻術も同時にしてくるんじゃないでしょうか・・・

 

ボルト61話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

スポンサーリンク

ボルト61話ネタバレ

ボルト61話のネタバレを紹介していきます!

 

ボルト61話ネタバレ|感知班の凄さ

ボルト、シカダイ、いのじん、カワキらを木の陰から感知班の男性が監視しています・・・

監視され続けることにストレスを感じるボルト。

カワキは感知システムのことを知らなかったみたいで、シカダイたちから説明を受けています。

どうやら、チャクラが一人一人違うということを利用し、データベースと照合することによって認証するシステムだそう。

ただこのシステムによってチャクラを調べるのは、基本的に里へ入るタイミングのみ。

その人の身元を把握する事が目的なので、例えそれが敵だと判明し、侵入したとしても対処方法はまた別問題になるそうです。

感知班を見たボルトは、あんなオッサンえはコードには勝てないと言います(笑)

しかし、いのじんは冷静に「彼は恐らく感知タイプの忍なんだよ」と。

仮にコードが侵入して、対処するのは七代目やサスケということになるそうです。

木ノ葉の感知班は超優秀だそうで、生体チャクラ反応を消すような人が現れない限りは大丈夫だと胸を張っています。

 

ボルト61話ネタバレ|シカマルとアマド

その頃、別の感知班はアマドコードの爪痕を監視していました。

特に動きは無く、もう10日以上が経過していました。

サスケは「奴がここに現れる事はない」と。

サスケは続けて、感知班としては、シカマルやサイがここを張るべきだと判断したならそれに従うべきだと。

その頃、シカマルはアマドに会っていました。

アマドは特に頭がキレるようなタイプでもない奴に苦戦するのは以外だと言います。

それに対してシカマルは、何もかもアマドの計画通りに進んでいるのでは?という疑念を抱いていました。

この疑念に対して、木ノ葉の世話になってる未来や、カワキがあれほど火影殿に心酔する展開になるとは予想もしていなかったと。

火影殿のためなら奴はどんなことでもするであろうカワキは、度を超えてるとシカマルは言います。

さらに大筒木イッシキを神と崇めるコードについては、これだけいつまで経っても姿を現さないので、木ノ葉に報復するつもりがないのでは?と考えています。

ただ、アマドは「君にしては随分楽観的な考えだな、そいつが当たってれば最高だが」と答え、シカマルもこういう想定外なら大歓迎だと言いました。

 

ボルト61話ネタバレ|チャクラを消すカワキ

場面はナルトの自宅。

ヒナタとナルトのまったりタイム。

ボルトはソファに寝転がりゲームに夢中で、ヒマワリは自分のベッドで寝ています。

カワキは雑誌の束を出してくると伝え外に出ます。

もちろん、電柱の上にもカワキを監視する感知班の男性が目を光らせていますが、カワキは雑誌の束を出したあと、庭の木の茂みに突っ込んでいきます。

ちょっとしてカワキは再び姿を見せ、そのまま帰宅。

感知班も「カワキ帰宅・・・異常なし」と無線で報告します。

二階へ上がる影分身のカワキに違和感を感じるボルト。

ボルトはカワキが今、外にいることを確信。

本体のカワキの気配を追うボルトでしたが、感知班が気が付いていないことに気が付くのでした・・・

その頃、エイダは千里眼でカワキの様子を見ています。

エイダはカワキがチャクラ反応を消してることを見抜きます。

元々は大筒木にとって本来できて当然の芸当だそうです。

しかしながら、カワキ自身に大筒木の自覚はなく、本能的に使ったと思われます。

どうやらコードとエイダはカワキを追うようです。

ボルトは家の中の影分身のカワキに話しかけていました。

ただ、一つの疑問が生まれます。

チャクラの消えたカワキの居場所が分かるのか?ということ。

カワキを追いかけるコードは掌の爪痕に耳を付け、エイダの腕の爪痕からはコードの耳が現れました。

「カワキは既に里の外よ、真っ直ぐ西へ向かってるわ・・・」

 

スポンサーリンク

まとめ


ここまで、2021年8月19日発売のVジャンプ掲載漫画ボルト61話ネタバレ【カワキが大筒木としての本領発揮?コードとエイダが迫る!】をご紹介しましたがいかがでしたか?

カワキの狙いも気になる所ですが、それより先にコードに追いつかれそうな展開・・・

ここでいきなり戦うような展開になれば、ボルトも参戦になるでしょうね!

以上、ボルト61話ネタバレ【カワキが大筒木としての本領発揮?コードとエイダが迫る!】でした!

スポンサーリンク