ブラッククローバー

ブラクロ305話ネタバレ【ユノがゼノンを追い詰める!ランギルスが犠牲に?】

ブラクロ305話ネタバレ【ユノがゼノンを追い詰める!ランギルスが犠牲に?】
スポンサーリンク
Pocket

2021年9月6日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画ブラクロ305話ネタバレ【ユノがゼノンを追い詰める!ランギルスが犠牲に?】を紹介していきますよ。

ランギルスがユノを認めたシーンは本当に胸アツでした!

この戦いでランギルスがかなり無理しているので、犠牲にならないか心配でなりません・・・

ユノとゼノンの戦いが描かれると思いますが、前回あれだけ苦戦した相手にしっかり勝つことが出来るのか注目したいと思います。

それでは、2021年9月6日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画ブラクロ305話ネタバレ【ユノがゼノンを追い詰める!ランギルスが犠牲に?】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<ブラッククローバー(ブラクロ)最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

ブラクロ305話ネタバレの考察


ブラクロ305話以降に起こりうる展開を考察していきます!

 

ブラクロ305話ネタバレの考察|ユノの大活躍

ゼノンと対峙しているのはユノ・ランギルスの二人。

ランギルスは万策尽きて諦めムード。

しかし、ユノは何か勝機があるようです!

ユノのスピリットダイブでゼノンに一撃を与えていましたが、これ以上に強くなるということなのでしょうか?

後が無くなればゼノンも悪魔の力を100%解放すると思われ、簡単な敵ではありません。

ユノの感じを見ているとゼノン戦に誰かが参戦するような感じがないので、そのまま決着になりそうですね!

 

ブラクロ305話ネタバレの考察|ミモザVSノエル?

メギキュラとの戦いが白熱する中で気が付いたノエルの恋心・・・

あれだけ極限の戦いの中で自分の恋心に気づくとは(笑)

それだけ究極な場面で、シンプルな思考になっていたのかもしれませんね。

気になるポイントは戦いの真っ最中ですが、終わった時にどうするのか?ということ。

ノエルは王族という身分に対して、アスタは下民でしかも悪魔付き魔力無し・・・

これだけ圧倒的に身分の違う、正反対の2人。

もしかするとアスタが魔法帝になることによって、身分相応になるというパターンもあるでしょう。

そもそも、アスタを好きな人は他にもいてミモザというライバルがいますよね!

彼女とアスタの取り合いをすることになる可能性もあります。

 

ブラクロ305話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

スポンサーリンク

ブラクロ305話ネタバレ


ブラクロ305話のネタバレを紹介していきます!

 

ブラクロ305話ネタバレ|ユノとランギルスの覚悟

ユノはゼノンを倒せる自信がありましたが、魔力を貯める時間が必要でした・・・

攻撃を捌きながらでは無理だ・・・

一緒に戦うランギルスはゼノンを倒すには、自分が囮になってでも時間を稼いでユノを守るしかないと考えていますが、現状ではユノの力が無いとゼノンの攻撃ですらかわせません。

そんな状態なので、3分もの時間を稼ぐことは傍から見ても、本人たちも不可能だと思っています。

ただ、それでもやるしかないのでユノとランギルスは覚悟を決めました。

その間のもゼノンの骨のムチのような攻撃が二人を襲い、まったく攻撃を緩める気配はありません。

 

ブラクロ305話ネタバレ|ユノの力を認めるランギルス

ゼノンとの戦いにおいて一番厄介なのは、「絶対空間」空魔掌握の中では魔法を使うことができないという点。

この状況下においても魔法を使うことが可能なのは、同格の魔力を持つ者。

または、ユノのようにマナに愛され支配を抜け出した者や、マナゾーンに到った空間魔道士とごく限られた一部の人間でした。

なので、ランギルスはゼノンの「絶対空間」の中に、なんとか小さな空間を作り出します。

ユノは「やれば出来るじゃないですか・・・流石です・・・!」と上から目線(笑)

ランギルスはユノが入団した頃を思い出していました。

ユノが入団した頃から生意気で不遜だったようですが、実力はあった後輩でした。

入団当初はユノが自分を越えることなど想像できなく、到底負ける気はしませんでした。

回想する間にもゼノンの攻撃は激しさを増しており、桁違いの魔力を前に長くは持たないことを理解しています。

ランギルスの空間魔法は当時無敵で、ランギルスがいれば団は最強でした。

しかし、ユノの力はランギルスとは違い「君の強さは独りよがり」ではありませんでした。

ユノの負けず嫌いは皆を鼓舞し強くしたことで、紛れもなく「金色の夜明け副団長」なのだとランギルスは認めました。

 

ブラクロ305話ネタバレ|ついにユノがトドメ?

ゼノンの圧倒的な力を前にして、「想いも執念も何もかも無意味だ」と。

圧倒的な力の差を実感しつつ、骨のムチ攻撃を何とかいなすランギルス。

ここでランギルスはゼノンの攻撃を受けながらも、ゼノンに飛び込み何とか反撃を試みます。

「僕らは・・・最強の魔法騎士団、金色の夜明けだ!」

そして、ついにランギルスの背後から魔力で作った弓矢を構えるユノがトドメを刺すのか?

 

スポンサーリンク

まとめ


ここまで、2021年9月6日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画ブラクロ305話ネタバレ【ユノがゼノンを追い詰める!ランギルスが犠牲に?】をご紹介しましたがいかがでしたか?

ユノが3分間にどのような戦いを見せるのか気になりますが、ランギルスが犠牲になるような攻撃はやめてほしいですね(笑)

ダークトライアドが全員倒せれば、いよいよヤミの元に近づくような展開になるのでしょうか?

以上、ブラクロ305話ネタバレ【ユノがゼノンを追い詰める!ランギルスが犠牲に?】でした!

スポンサーリンク