ブラッククローバー

ブラクロ306話ネタバレ【ゼノンの過去が明らかに!まさかのベルゼブブ登場か?】

ブラクロ306話ネタバレ【ゼノンの過去が明らかに!まさかのベルゼブブ登場か?】
スポンサーリンク
Pocket

2021年9月18日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画ブラクロ306話ネタバレ【ゼノンの過去が明らかに!まさかのベルゼブブ登場か?】を紹介していきますよ。

ダークトライアドの中で一番の実力者ともいえるゼノンを追い込んだ、ユノとランギルス。

あれだけ圧倒された相手に対して、ここまで戦えるようになったのは驚きでしょう!

やられそうになったゼノンが回想でどのような思いを抱えていたのか明らかになると思うので、まだ死ぬのは早い気がしていますね・・・

それでは、2021年9月18日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画ブラクロ306話ネタバレ【ゼノンの過去が明らかに!まさかのベルゼブブ登場か?】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

スポンサーリンク

ブラクロ306話ネタバレの考察


ブラクロ306話以降に起こりうる展開を考察していきます!

 

ブラクロ306話ネタバレの考察|ゼノンが一発でやられる?

ユノのスピリット・オブ・エウロスは、確実にゼノンを捉えていましたが、これで死んでしまうのでしょうか?

これまで圧倒的強さを誇ったのに、あっさり死ぬのか個人的には疑問ですね(笑)

すでに最上位悪魔としておそれられ、ラスボス候補でもあったメギキュラも撃破しており、ゼノンがこのまま死んでしまえば、一気にクライマックスに進みそうです。

なのでユノの苦闘が続く可能性も否定できません。

ゼノンにとって致命傷とはならないまでも、かなり深手を負うのは間違いないので、死なないまでも逃げ延びるのではないだろうか?

 

ブラクロ306話ネタバレの考察|新たな戦力が合流?

この後の展開としては、ロロペチカとモリスの対決は避けられないでしょうね。

現状、ロロペチカは元に戻りましたがハート王国の叡智を奪われたままですからね・・・

取り戻す為の戦いがあってもいいような気がしています。

また、増援が来るという展開も考えられます。

一番可能性として高いのは、ダイヤモンド陣営がそろそろ参戦するのではないでしょうか?

ゼノンはこれまで国を踏みにじったという因縁があり仇敵。

モリスについては国を牛耳って非人道的な実験をしただけでなく、スペードに寝返ったという裏切り者。

ガンデロとかの技術流出とか叡智の悪用というような許されざる行為の数々。

メンバーとしては、マルス、ラドロス、ロータスとノームの契約者(多分王族)が参戦なら面白くなりそう!

 

ブラクロ306話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

 

スポンサーリンク

ブラクロ306話ネタバレ


ブラクロ306話のネタバレを紹介していきます!

 

ブラクロ306話ネタバレ|ユノの勝利宣言

ユノが放った矢は、ゼノンの体を打ち抜いていきます!

ゼノンもこの攻撃には驚いているようで、「この体が完全に貫かれるとは」と信じられないようです・・・

ユノも勝利を確信したようで、「オレ達の執念の勝ちだ」と宣言。

まさに絶体絶命の最中でゼノンは過去を思い出していました。

 

ブラクロ306話ネタバレ|ゼノンの幼き日の目標

場面は幼少期の時のゼノン。

そこでは、ダンテとヴァニカにバカにされています・・・

それでも車いすに乗った、ゼノンが兄様としたう人物は「心配ないさ、ゼノン。オマエが一番私に似ている」と励ましています。

その人物が言うには、ダンテやヴァニカより悪魔憑きのポテンシャルが高いそうです。

また、普段の生活の中でもゼノンは虐げられていました。

ジョンという悪ガキに、体から骨が飛び出るから不気味だといじめを受けていたのです。

そんな時に現れたアレンという少年は、ジョン達を追い払って「オマエ強そーな魔法だな」とゼノンに言っています。

やはり、ゼノンの魔法を見た人はみんな怖いし不安なんだと。

スペード王国は雪深く、ダイヤモンド王国からの侵略にもさらされ続けているので、ナーバスになっているようです。

なので、アレンは魔道防衛隊総隊長になることが目標だそう。

もちろんゼノンも目指すところは同じなので、お互いがライバルだ!と励まし合います。

「どっちが総隊長になるか勝負だ!」と意気込む2人。

ゼノンは総隊長になるという目標ができたので、「申し訳ありません兄上、オレは悪魔憑きに興味ありません」と断りました。

 

ブラクロ306話ネタバレ|アレンの正義漢

2人は目標にしていた、魔道防衛隊の第四師団に入団が決まります!

今年の新人は2人とも即戦力だと期待されており、中でもゼノンの骨魔法は抜きんでていました。

そんなある日のこと、任務に出撃した2人は悪魔が現れ追い詰められることに。

魔宮で現れた悪魔の力に全く歯が立たなかったのです・・・

ゼノンは悪魔を倒すには、全魔力を込めた最高魔法を撃つしかないと感じていましたが、その攻撃を行える隙は全くありません。

すると、アレンは「オレは魔道防衛隊総隊長になる」と言い残し、悪魔に突撃していったのです!

 

ブラクロ306話ネタバレ|ゼノンが悪魔憑きに

アレンが悪魔に突撃して生まれた隙に、ゼノンは攻撃のチャンスだと思いました。

今撃てば悪魔を葬ることができるが、アレンへの被害は免れない・・・

とはいえ、このチャンスで仕留めなければ、アレンは元よりゼノンも含めここにいる全員死に、最終的に国にも多大な被害が出ると考えます。

この究極の状況で、ゼノンは号泣しながら「力が無ければ想いも執念も無意味だ」「弱い者は切り捨てるべきだ」と考え、アレンもろとも悪魔を倒したのです!

これによって、悪魔の圧倒的な力を体感したゼノンは、「兄上、オレを悪魔憑きにしてくれ」と頼み、ベルゼブブと取引し自らも悪魔憑きになったのです。

 

スポンサーリンク

まとめ


ここまで、2021年9月18日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画ブラクロ306話ネタバレ【ゼノンの過去が明らかに!まさかのベルゼブブ登場か?】をご紹介しましたがいかがでしたか?

ゼノンの強さは相変わらずですが、それ以上にユノの成長とランギルスの覚悟が上回っているように思います。

しかし、ゼノンがこのままあっさり退場すると思っている読者は、私を含めて少ないのではないでしょうか?

一番可能性が高いのは、最上位悪魔のベルゼブブが介入するという展開でしょう!

以上、ブラクロ306話ネタバレ【ゼノンの過去が明らかに!まさかのベルゼブブ登場か?】でした!

スポンサーリンク