キングダム

キングダム692話ネタバレ【一騎打ちの激闘に?桓騎が雷土の無念を晴らす!】

キングダム692話ネタバレ【一騎打ちの激闘に?桓騎が雷土の無念を晴らす!】
スポンサーリンク
Pocket

2021年9月16日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム692話ネタバレ【一騎打ちの激闘に?桓騎が雷土の無念を晴らす!】を紹介していきますよ。

桓騎の作戦が判明し、戦いも大詰めに突入したように思います。

これまで影を潜めていたゼノウ軍が躍動することになり、一気に勝敗が決したように思いますね。

また、最後の決着がどのような形になるのか注目したいと思います!

それでは、2021年9月16日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム692話ネタバレ【一騎打ちの激闘に?桓騎が雷土の無念を晴らす!】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<キングダム最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

キングダム692話ネタバレの考察


キングダム692話以降に起こりうる展開を考察していきます!

 

キングダム692話ネタバレの考察|時間との戦いになる?

桓騎が勝負にかけられる時間は、虎白公や龍白公は本陣に戻ってくるまで。

いくら桓騎が敵の本陣に迫ったとしても、あれだけ中央軍が壊滅に近い状態であれば、軍勢は限られるでしょう。

虎白公軍や龍白公軍を迎え討ったり、背を討つのは難しい状況と言えますからね。

速攻以外に勝ち目はないと言えるでしょう。

 

キングダム692話ネタバレの考察|桓騎軍の軍勢はどれくらい?

桓騎が扈輒本陣に迫りましたが、どの程度の数を連れてきたのか未知数。

とはいえ、本陣はあまり重厚に守られていないので、少数精鋭で突破できそう。

しかしながら、少なくとも400程度の兵数は最低限必要になるはずです。

仮に見つからずに1000単位の軍を引き連れてきているのだとすれば難なく突破して、敵将を討ち取ることが可能。

今までの脱走兵が全て軍勢だとするとかなりの数になりそうです。

これまでの描写でも多くいたことが確認できます。

 

キングダム692話ネタバレの考察|桓騎の勝利は確実?

桓騎が死ぬのは李牧戦だと思われます。

100%ではないですが・・・

とはいえ、扈輒がやすやすと死ぬのは想像できません。

どう転んでも討ち死にはほぼ確実ですが、その内容が気になりますよね。

桓騎との対決もどうなるのか想像もつきませんから。

個人的には、桓騎と対峙したところでお互いが何を語るのかに注目しています。

 

キングダム692話ネタバレの考察|桓騎と雷土の再会

扈輒本陣には恐らく雷土がいるのではないでしょうか?

まさに目の前で雷土の死を見る可能性があります。

桓騎が雷土の現状を知らないと思われ、本陣で初めて事実を目の当たりにするでしょうね。

雷土の生死はわからないですが、死んでいるのを本陣の地で確認したとすれば、桓騎が怒り狂うことになりそう。

そうなると激しい一騎打ちに発展するかもしれませんよね!

これまで玄峰も白亀西も殺していますが、武の激突は見たことがありません。

扈輒の一騎打ちが実現すると、桓騎の本気が見えるでしょう。

また、桓騎の10万首刎ねが実行されるパターンもあるでしょう。

 

キングダム692話ネタバレの考察|ついにゼノウ軍が現れる?

桓騎将軍はこれまで摩論に何かを話していた描写がありました。

ということは、大きく動き出す指示を出したと考えるのが普通。

また今までの戦いでは桓騎軍の中で最も暴力的で、最も強いとされているゼノウ軍が登場していません。

ゼノウ軍の実力派分からないですが、そのゼノウ軍がどこかに加勢することができれば今回の戦の勢力図が大きく変化し、勝利が見えてくるのかもしれません。

ゼノウ軍と飛信隊には共通点があり、それが歩兵の軍の強さが最強クラスということ。

もしかすると飛信隊の歩兵すら超えるかもしれません・・・

そのような軍が投入されれば、いくら地形で有利だとしても関係なくなりますからね!

これで全体的にも勝利が見えてくるのではないかと考えられます。

 

キングダム692話ネタバレの考察|扈輒将軍の自信が裏目に?

蜘蛛の巣の如くワナを張り巡らせる慶舎は、万全の戦いができると自負していることでしょう。

そんな相手に「最終的に俺の手のひらで踊ってクソを漏らす」と言い放った桓騎将軍。

この状況下においてもこう言える理由があるはずです。

扈輒将軍は前線でも活躍していていた猛将。

それ故、桓騎軍を仕留める自信は間違いなくあり、自信過剰になっている可能性も。

その自信が桓騎から見ると付け入る弱点と言えるかもしれません。

 

キングダム692話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

スポンサーリンク

キングダム692話ネタバレ


キングダム692話のネタバレを紹介していきます!

 

キングダム692話ネタバレ|ついにゼノウ軍の登場

桓騎はやはり精鋭を連れて現れました。

それがゼノウ軍!久しぶりに登場ですが、相変わらずの狂気ぶりを発揮しています。

扈輒本陣の守備は一瞬で壊滅状態になり、本陣はめちゃめちゃに破壊されてしまいます。

予想外の連続で、慌てふためく扈輒本陣。

中央のゼノウ一家だけでなく、一気に3方向から攻撃されている状況。

 

キングダム692話ネタバレ|扈輒将軍が作戦に気が付く

形勢逆転によって追い詰められる扈輒。

一体、いつから策にハマっていたのか地図を見ながら考えています。

きっかけになったのは、桓騎が「全軍前進」と言ったあのシーン。

まさに戦いが始まる前からこの作戦は考えられていたのです。

桓騎のシナリオでは、最初から孫臏の作戦で扈輒を討つという算段でした。

さらには脱走兵の他に隠れた兵士も多数おり、死体などに隠れて扈輒軍の前進をかいくぐったという訳。

扈輒は間違いなく桓騎という男を侮っていたと言っても過言ではないでしょう。

 

キングダム692話ネタバレ|影丘は作戦をさらに効果的に?

扈輒軍の中央にいた五千の予備兵が、桓騎の作戦を遂行するうえで邪魔な存在でした。

しかし、飛信隊が影丘を突破したことによって、その五千兵を動かさざるを得ない状況に陥り、その結果この急襲が成功したといっても過言ではないでしょう。

例えゼノウ軍がいたとしても、五千の兵力があれば多大な時間と犠牲を出していたことでしょう。

もちろん、捕らえられた雷土が作戦の全貌を明かさなかったというのも忘れてはいけませんね!

 

キングダム692話ネタバレ|桓騎が扈輒を追い詰める

扈輒は間もなく本陣が持たないと悟ります。

そこからの決断は早く、撤退を決めます!

大将である扈輒さえ生き残れば負けないので、戦場全体の事を考えれば賢明な判断でしょう。

ただ、ここまで完璧に作戦を考えた桓騎が逃がすはずが無いでしょう。

案の定、扈輒の逃げ道に桓騎は立ちはだかります!

 

スポンサーリンク

まとめ


ここまで、2021年9月16日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム692話ネタバレ【一騎打ちの激闘に?桓騎が雷土の無念を晴らす!】をご紹介しましたがいかがでしたか?

本陣には雷土がいると思われ、そこで桓騎と再会する可能性はかなり低くなりました・・・

また、桓騎の一騎打ちも見られる可能性が高いのですが、手下があっさり討ち取るという展開も考えらえます。

桓騎が雷土の借りをどのように返すのか、楽しみにしていきたいと思います!

以上、キングダム692話ネタバレ【一騎打ちの激闘に?桓騎が雷土の無念を晴らす!】でした!

関連サイト:週刊ヤングジャンプ公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク