ブラッククローバー

ブラクロ307話ネタバレ【ゼノンがほぼ悪魔になる?フィンラル到着で兄弟団結!】

ブラクロ307話ネタバレ【ゼノンがほぼ悪魔になる?フィンラル到着で兄弟団結!】
スポンサーリンク
Pocket

2021年9月27日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画ブラクロ307話ネタバレ【ゼノンがほぼ悪魔になる?フィンラル到着で兄弟団結!】を紹介していきますよ。

まさかフィンラルが登場するとは思いませんでしたので、予想外の展開になりつつあります・・・

ユノがしっかり倒してくれると予想していましたが、どうやらフィンラルとランギルスのコンビがゼノン討伐を達成しそうですね!

それでは、2021年9月27日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画ブラクロ307話ネタバレ【ゼノンがほぼ悪魔になる?フィンラル到着で兄弟団結!】を紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<ブラッククローバー(ブラクロ)最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

ブラクロ307話ネタバレの考察

ブラクロ307話以降に起こりうる展開を考察していきます!

 

ブラクロ307話ネタバレの考察|ゼノンの取引内容が発覚?

ベルゼブブとの取引が非常に気になりますよね。

アスタのを見ていた限りでは、体のどこか一部をささげるような感じでしたが、ゼノンはどうなんでしょうか?

もしかすると、アレンと戦っていた時のゼノンは追い詰められ死にそうな状況だったことから、悪魔と契約する時の内容は悪魔化して完全に悪魔による支配が行われる状態になっていた可能性もあります・・・

これがきっかけでどんどん闇落ちしていき、ダークトライアドになった可能性が高いです。

さらに悪循環で回りの面々が悪魔憑きで強かったので、さらに悪魔との契約を続けたとい感じかもしれませんね。

 

ブラクロ307話ネタバレの考察|ゼノンが復活?

ゼノンの回想が入った時点で、死んでないフラグですね。

あれだけ時間を割いて回想しておいて、あっさりユノの追撃でやられてしまっては無駄な展開でしたからね(笑)

とはいえ、最近の戦いにおいては特にアスタの急成長が顕著で、一人だけ異次元になり過ぎないように周りの強さをアピールする展開だったような気がします。

となると、やはりユノがゼノンにトドメを刺す展開予想に変更は無いのか・・・

 

ブラクロ307話ネタバレの考察|ゼノンの強力なバックアップ登場?

もしかするとゼノンのピンチに上級悪魔降臨があるかもしれません!

元々ゼノンに憑依していた最上位悪魔ですね。

比較対象になるメギキュラに関しては、条件揃ったというタイミングでの登場でした。

しかし、ゼノンの場合は何の前触れもなくいきなり登場となるのかどうなのか?

可能性として考えられる登場方法は、顔半分出ている状態から、全身が骨になるバージョンになるのじゃないかと思いますね。

そうなると、流石のユノ達でも対抗するのは難しい戦いになりそうですね。

 

ブラクロ307話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

スポンサーリンク

ブラクロ307話ネタバレ


ブラクロ307話のネタバレを紹介していきます。

 

ブラクロ307話ネタバレ|ゼノンとベルゼブブの取引

ゼノンが悪魔と行った取引が描かれています。

ゼノンが求めたのは「悪魔の心臓」

ベルゼブブはゼノンから思わぬ取引を申し込まれ「心臓だと?」と驚きながらも、「オマエは何を代価に差し出そうというのだ?」と返します。

ゼノンは「オレのすべてだ」と答えます。

その全てというのは、スペード王国さえ存続できれば自分自身の魂だって差し出しても良いというものでした・・・

ベルゼブブはこのゼノンとの取引で「いいだろう、くれてやる」と答え、交渉は成立することに。

その取引の結果が現在のゼノンが悪魔の姿でした。

 

ブラクロ307話ネタバレ|ゼノンが悪魔と同化

ゼノンは取引によって悪魔の心臓を手に入れたことで「オレはより圧倒的強者となった」と宣言しています。

もはや見た目も中身も悪魔と相違ない人物になっており、ベルゼブブと戦っているのかゼノンと戦っているのか分からない状態です。

ランギルスは「悪魔の力を使い悪魔の心臓を持つ。そんな人間はもう、悪魔じゃないか」と感じていました。

ゼノンの攻撃は激しさを増して、ユノがキューブ状の空間に閉じ込められ、得意の骨で攻撃されています。

ユノが行った矢の攻撃は、仲間に当たるのを避ける為に少し急所から外れており、ゼノンの心臓を仕留められませんでした・・・

その結果、悪魔の心臓ということで一気に形勢逆転された形に。

ゼノンは「仲間ごとオレの心臓を貫いていればオマエの勝ちだった」と言い、ユノを仕留めにかかります。

 

ブラクロ307話ネタバレ|救世主フィンラル

ユノの窮地に何とか立ち上がるランギルス。

しかし、ゼノンに気づかれて「死に損ないが、まだ立ち上がるか?楽にしてやる」と万事休すかと思われましたが、ナイスタイミングでフィンラル登場!

ランギルスは驚きながら「何故ここにいるのか知りませんが、また僕を助けに来たつもりですか!?」と。

フィンラルはランギルスとゼノンを見つけて、いてもたってもいられなかったみたいです。

しかし、「いいや、アイツはウチの団長を連れ去ったんだ、空間魔法でね」とはぐらかすフィンラル。

しかし、フィンラルの心の中ではゼノンと戦う決意すでにしていたのです!

戦略としては、フィンラルが堕天使のはばたきをランギルスに直接当てることで、「ノータイム空間移動」可能にし、ランギルスのマナーゾーンがあればゼノンの「絶対空間」内でも魔法発動し攻撃が可能ということです。

まさに瞬発力と正確さに長けたフィンラルの空間移動があってこその戦い方であり、ユノの戦いとは全く違います。

フィンラルは「オレ達は今、二人揃っていれば戦える」と宣言。

ランギルスについても、「まったく、生意気な兄さんだ」と言いながら、手を取り合っていまいた!

 

スポンサーリンク

まとめ


ここまで、2021月9月27日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画ブラクロ307話ネタバレ【ゼノンがほぼ悪魔になる?フィンラル到着で兄弟団結!】をご紹介しましたがいかがでしたか?

これまでの戦いではユノが圧倒していまいたが、ここにきてゼノンの逆襲!

フィンラル登場は少し予想外でしたが、この流れだとフィンラル・ランギルスでゼノンを呼びベルゼブブを倒す展開になるのか?

それとも苦戦するような展開になるのか・・・

以上、ブラクロ307話ネタバレ【ゼノンがほぼ悪魔になる?フィンラル到着で兄弟団結!】でした!

スポンサーリンク