キングダム

キングダム697話ネタバレ最新話確定【趙国がいよいよ追い詰められる?桓騎の首刎ねが終了】

キングダム697話ネタバレ最新話確定【趙国がいよいよ追い詰められる?桓騎の首刎ねが終了】
スポンサーリンク
Pocket

2021年10月28日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム697話ネタバレ最新話確定【趙国がいよいよ追い詰められる?桓騎の首刎ねが終了】を紹介していきますよ。

首刎ねに関しては、桓騎軍の中でもかなり抵抗があるみたいです・・・

なので、多くの古参兵を失った桓騎軍がこの後、分裂や指揮系統の乱れが出ないか気になりますね。

勝利したものの、重い雰囲気に包まれた秦国内は首刎ねを聞いてどのような反応を見せるのか?

それでは、2021年10月28日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム697話ネタバレ最新話確定【趙国がいよいよ追い詰められる?桓騎の首刎ねが終了】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<キングダム最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

キングダム697話ネタバレ最新話の考察


キングダム697話以降に起こりうる展開を考察していきます!

 

キングダム697話ネタバレ最新話の考察|司馬尚の登場もある?

この敗戦で趙はいよいよ焦っている模様。

もはや頼りになるのは、李牧と司馬尚の2人しかいないでしょうね。

秦国と対峙するには、2人のうち1人でも今すぐ動かさないと趙の命運が尽きるでしょう。

李牧の再登板は確率が高いですが、中央には興味がなさそうな司馬尚も場合によっては復帰するかもしれませんね!

 

キングダム697話ネタバレ最新話の考察|秦国が桓騎の蛮行を止める?

六大将軍に任命された桓騎には当初から、相当危険視していました。

秦国はこの蛮行を認めないでしょうが、止めることも間に合わないでしょう・・・

それに、この虐殺に対して何の制裁もなければ、他国の武将や列国も恐怖に感じるでしょうね・・・

あまり暴走しすぎると、降伏に近い状況にある斉の王建すらも、他の国と手を結んで立ち上がるかもしれません。

なので、この先の統一に向けた大きな転換点になるかもしれませんね。

 

キングダム697話ネタバレ最新話の考察|桓騎軍の不協和音

桓騎が趙を再び攻めるのは、首刎ねの翌年です。

他の考察でも紹介していますが、平陽と武城を平定させ、赤麗と宜安を攻めを成功させています。

なので、この雷土を失った怒りと勢いのまま攻めるのではないことが分かります。

桓騎軍の勢力は即座に補充されたといても、野盗を基盤としてる桓騎軍では規模を維持するのは難しいこと。

それに加えて、十万の首を切った虐殺によって、流れる不協和音・・・

もしかすると、桓騎軍の内部に思わぬ亀裂を生み出すことにも繋がりそう。

 

キングダム697話ネタバレ最新話の考察|武城の陥落は?

武城の陥落についても、いよいよ近づいてきたのではないでしょうか?

史実に基づくのであれば、平陽と武城も落とすことになっていますから、首刎ねが終わったとにすぐさま陥落させるのでしょうか。

恐らく、現在の趙国には扈輒以上の将軍がいないと思うので、それほど苦労もなく陥落させることも可能でしょう。

武城の陥落戦が描かれればの話ですが(笑)

とはいえ、桓騎軍としても目ぼしい武将が存在しなくなった状態で大戦を描いても面白味にかけるでしょうし、思わぬ苦戦もあるかもしれません。

 

キングダム697話ネタバレ最新話の考察|桓騎の心の闇

桓騎が放った不気味なオーラ。

もしかしたら、これまで首刎ねや身近な者の死によって魂を取り込んできた結果、それが「渇き」や「怒り」に繋がっているかもしれませんね。

そういう無念な死に方をした人間達のこの世に対する怒りの集合体が桓騎なのかもしれません。

雷土は死の間際に、桓騎の怒りや渇きについて何か気付いた見たいでしたよね。

それが読者にも明かされるのではないでしょうか?

 

キングダム697話ネタバレ最新話の考察|桓騎への褒美は無し?

もとから恐れられていた六大将軍の暴走。

任命される時に「虐殺と暴虐」は桓騎に対して、「反乱」は王翦に対して投げかけられた昌文君の言葉。

桓騎がこのまま捕虜の首刎ねをおこなえば、間違いなく咸陽にも情報が入るでしょう。

それは、例え扈輒という趙の武の象徴を討ち取った功績や、重要地の平陽と武城を陥落させたとしても論功行賞で何も得ない可能性が高いです。

果たして、この結果に桓騎が納得するのか気になる所ですね。

 

キングダム697話ネタバレ最新話の考察|趙の滅亡が始まる?

この戦いに負けるということは、平陽と武城は陥落することを意味しています。

ということは、秦国が趙の喉元まで迫っているということ。

まさに、この敗北は趙滅亡のカウントダウンが始まったといっても過言ではないです!

しかも、これまでも考察で紹介したように雷土が無残に殺されたことを知った桓騎は、ブチギレで趙兵の首10万を全て切り落とす可能性が高いです。

また、史実に沿うのであれば、この後も桓騎軍は進軍して大勝利をおさめます。

桓騎の暴挙に秦国は黙認し進軍させる様子を見ていた列国は、桓騎に対する恐怖心を抱くでしょう。

これがきっかけで李牧が復帰というシナリオになりそうです。

 

キングダム697話ネタバレ最新話の考察|李牧が再登場へ

この戦において桓騎が10万の首を刎ね、勝利したとしても不穏な空気が流れそうですよね・・・

まず考えられるのが、黒羊丘の戦いの時みたいに桓騎軍に対して飛信隊が同士討ちの行動に出るというパターン。

蛮行を信が認めるはずがありませんからね!

これでは王賁にとっても気持ちの良い勝利にはならないでしょう。

また、相手国にも変化が生まれるかもしれません。

まずは六大将軍の制度に対する包囲網が強くなると思われ、特に危険な状況下にある趙国は改めて李牧を軍のトップに添えることを迷わないでしょうね。

 

キングダム697話ネタバレ最新話の考察|千斗が急成長?

崖上での戦いは、羌礼の活躍が目立っていましたが、同じくらい千斗の活躍も大きいと思います。

羌礼の実力についてはこれまで予想していた通りなので驚きはないですが、干斗がここまで成長してさらに覚醒する兆しが見られますね!

干斗は飛信隊に対して思い入れが強く、さらには亡き松左から意思と槍を受け継いでいます。

李信が王騎に矛、そして麃公に盾をもらったように、松左も干斗に何かを見出していたからこそ。

果たしてどんな展開が待っているのでしょうか!

 

キングダム697話ネタバレ最新話の考察|桓騎将軍の回想シーンがある?

一応、桓騎軍の軍師を務める魔論。

しかしながら、その言葉は全く無視して作戦を続行し焦っていますが、雷土は桓騎軍の基本姿勢はどんな相手だろうが兵力差があろうが「戦って勝つ」ただそれだけと言いました。

確かにこれまで、奇策が功を奏して勝利を続けてきた桓騎軍ではありますが、魔論の言う通り今までとは戦いの規模が違うのも事実。

そもそも桓騎将軍が戦において考えている事、それが何の為なのか?というのは雷土にも分からないようです。

とにかく結果を出し続ける桓騎将軍を信じて、ここまでついてきたわけです。

しかし、桓騎将軍の側近と思える雷土ですらも桓騎将軍という男の「怒り」というものの本質については理解していないと思います。

ですので、このあたりで一度桓騎将軍に関する回想シーンが入ると予想します!

 

キングダム697話ネタバレ最新話の考察|羌瘣と李信は結婚する?

羌瘣は想いを伝えましたが、2人の間柄はまだまだ発展途上でしょう。

ラブストーリーとしては一旦「おあずけ」といった感じではないでしょうか?

それに、羌瘣自身も好きという感情に実感が無いようで、今はそれ以上は求めていないようでした。

すぐに結婚への発展は残念ながらあり得ないでしょう。

とはいえ、羌瘣が李信の子供を産みたいという爆弾発言をしていることを考えると、長期的に見れば2人は結婚するとは思います。

タイミングについては、秦の中華統一後、または李信が大将軍になった時ではないでしょうか。

 

キングダム697話ネタバレ最新話の考察|趙を制圧した後の展開はどうなる?

このまま順調に行けば趙を滅ぼせることは、史実でも明らかになっています。

それによって秦としても、天下統一に向けての動きが加速していき、次の国を侵略開始することになるでしょう!

ではどこの国を攻める可能性が高いのでしょうか?

個人的な考察では、隣接している韓である可能性が高いと考察します。

そもそも、魏とは鄴攻略において同盟のように戦った関係なので、このタイミングで攻撃をする可能性はかなり低いと思います。

また、燕と斉に至っては直接隣接してないことから、遠征することが難しいでしょう・・・

とにかく、まずは隣接している趙を安定させ、長期的に統治していく事が最優先でしょうね。

これらの理由から消去法で、次に攻める国は韓ということになります!

 

キングダム697話ネタバレ最新話の考察|昌平君は楚に戻るのか?

秦国で現在司令塔として活躍する昌平君は、元々は楚国の出身で、人質として秦にやってきています。

昌平君が秦に来たことが自身の意思ではないことから、彼はいずれ楚国に帰ってしまうことも考えられるのではないでしょうか?

現に、史実の昌平君は紀元前266年に秦を出て、楚に帰国しているんです。

趙国との戦が始まる際には、何やら考え込んでいるような表情がありましたが、キングダムでの昌平君はこれからどんな行動を見せるのでしょうか。

秦国の司令官を務めているため、昌平君が抜ければその穴を埋める存在も必要になってきます。

昌平君の今後の動きは要チェックです!!

 

キングダム697話ネタバレ最新話の考察|ツイッターの感想・予想

 

スポンサーリンク

キングダム697話ネタバレ最新話の確定速報


キングダム697話の内容が判明次第こちらに追記していきます。

次回のキングダムはヤングジャンプ発売日の週の火曜日、水曜日には確定するかと思いますので、こちらのページをブックマーク等をして再度訪問ください。

 

スポンサーリンク

まとめ


ここまで、2021年10月28日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム697話ネタバレ最新話確定【趙国がいよいよ追い詰められる?桓騎の首刎ねが終了】をご紹介しましたがいかがでしたか?

秦国の中でも、いよいよ1国を亡ぼすのだという決意が大きくなってきました。

李牧の再登場もあるでしょうが、すでに時遅しで滅ぶことは避けられない情勢になりそうですね・・・

その前に、桓騎の首刎ねについての検証も秦国で必要でしょう。

以上、キングダム697話ネタバレ最新話確定【趙国がいよいよ追い詰められる?桓騎の首刎ねが終了】でした!

スポンサーリンク