名探偵コナン

名探偵コナン1081話ネタバレ【複数誘拐犯の居場所を特定!高木の活躍で逮捕なるか?】

名探偵コナン1081話ネタバレ【複数誘拐犯の居場所を特定!高木の活躍で逮捕なるか?】
スポンサーリンク
Pocket

2021年10月27日発売の週刊少年サンデー掲載漫画名探偵コナン1081話ネタバレ【複数誘拐犯の居場所を特定!高木の活躍で逮捕なるか?】を紹介していきますよ。

1年前の事件が今でも続いていたのは驚きですが、それ以上に数人が誘拐されているという状況もヤバいですよね!

友達だけ残された状況だとアランも心配だと思います。

少ない手がかりで、監禁場所を特定して犯人を逮捕することができるのでしょうか?

それでは、2021年10月27日発売の週刊少年サンデー掲載漫画名探偵コナン1081話ネタバレ【複数誘拐犯の居場所を特定!高木の活躍で逮捕なるか?】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

スポンサーリンク

名探偵コナン1081話ネタバレの考察


名探偵コナン1081話以降に起こりうる展開を考察していきます!

 

名探偵コナン1081話ネタバレの考察|本当に取引相手の死を知らない?

すでに取引相手は1年前に亡くなってるのに、ただの一度も連絡取らなかったのか気になるところ。

もし知っていたとしても、やめられない理由があったのでしょうか?

もちろん、未解決事件となっており複数の誘拐があったのに、親は今どうしているんでしょうか?

最愛の息子が誘拐されたまま1年経つというのはあり得ないこと。

行方不明ならまだしも、誘拐と分かっているので警察を責めるでしょう。

伊達が亡くなったとしても、普通ならそのまま事件を誰かに引き継ぐと思いますが、未解決のままだったとは驚きです。

 

名探偵コナン1081話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想


 

スポンサーリンク

名探偵コナン1081話ネタバレ

名探偵コナン1081話のネタバレを紹介していきます!

 

名探偵コナン1081話ネタバレ|もう一人の被害者

誘拐犯を取り逃がした佐藤がポアロの前に戻ってきました。

犯人は取り逃がしましたが、アランを無事に保護することが出来て、とりあえずは一安心と言う佐藤。

しかし、コナンはもう1人誘拐されていることを佐藤に告げます。

アランが誘拐された時、友達と一緒にいましたが、アランの学校に誘拐された者はいませんでした。

アランの話によると、すでに転校したユウジだと言います。

ユウジは転校によって、別の地域で捜索願いが出されていました。

その為、アランの誘拐事件と関係性が低いだろうと警察も気づいていませんでした。

 

名探偵コナン1081話ネタバレ|監禁場所が特定される!

ユウジが誘拐されていることが発覚したことで、すぐに救出に向かいたいところでしたが、アランは自分が監禁されていた場所について知らなかったのです。

ただ、車に乗っていた時にアランが聞いた道路交通情報の時間から、ポアロから30分の範囲内に監禁場所があると突き止めます。

とはいえ、監禁場所をもっと詳細に絞りこみたいところですが、アランが救出されたことで、犯人に戻られるとユウジが危険が及びます。

佐藤、高木、安室にそれぞれ別方向に車を走らせますが、アランから得られた交通情報だけでは手がかりが少なく、なかなか場所を絞りこめません。

時間が掛かりながら、遂に目印となる建物を突き止めます。

その建物に偶然にも一番近い高木が向かうことに。

 

名探偵コナン1081話ネタバレ|高木の活躍で逮捕!

相手が何人かも分からない状況で、無茶をするなと言われた高木。

しかし、マンションの4階に到着したタイミングで、隣のエレベーターから嫌がる子供を連れた男と遭遇します。

高木はすぐに階段をかけ降り、男に追いつくとボスである鬼童が死んだと言います。

しかし、当然ながら信じない男に対して、高木は自分が殺したからと嘘を言いました。

それでようやく話を信じたのか、激しい抵抗で怪我をするも無事に犯人を逮捕。

伊達が残したメッセージに応える形で、どうしても逮捕したかったようです。

 

スポンサーリンク

まとめ


ここまで、2021年10月27日発売の週刊少年サンデー掲載漫画名探偵コナン1081話ネタバレ【複数誘拐犯の居場所を特定!高木の活躍で逮捕なるか?】をご紹介しましたがいかがでしたか?

高木は伊達の残したメッセージに応えたいという強い思いが見られましたね!

やはり今回の事件は、同期の強い絆というのが描かれたエピソードだったと思います。

個人的にはもう少し安室との絡みが欲しかったように思いますね。

以上、名探偵コナン1081話ネタバレ【複数誘拐犯の居場所を特定!高木の活躍で逮捕なるか?】でした!

スポンサーリンク