新テニスの王子様

新テニスの王子様349・350・351話ネタバレ【平等院が満身創痍で勝利を掴む?ボルクが一人で能力共鳴】

新テニスの王子様349・350・351話ネタバレ【平等院が満身創痍で勝利を掴む?ボルクが一人で能力共鳴】
スポンサーリンク
Pocket

2021年11月4日発売のジャンプSQ.掲載漫画新テニスの王子様349・350・351話ネタバレ【平等院が満身創痍で勝利を掴む?ボルクが一人で能力共鳴】を紹介していきますよ。

平等院が全ての力をボルクにぶつけるようですが、この試合で死ぬという可能性もあるのでしょうか?

逆にそこまでしなければボルクは倒せないということなのかもしれませんね!

平等院の勝利はかなり大きいので何とか勝利してもらいたいところです。

それでは、2021年11月4日発売のジャンプSQ.掲載漫画新テニスの王子様349・350・351話ネタバレ【平等院が満身創痍で勝利を掴む?ボルクが一人で能力共鳴】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<新テニスの王子様最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

新テニスの王子様349・350・351話ネタバレの考察


それでは、新テニスの王子様349・350・351話以降に起こりうる展開を考察していきます!

 

新テニスの王子様349・350・351話ネタバレの考察|平等院の究極技が見られる?

ここまでの試合を見ていても、死者が出てもおかしくない展開です。

特に必殺技はかなり攻撃的で、一歩間違えれば相手が死ぬような技ばかり披露されています(笑)

ドイツ戦だけでも選手が巨大化したり、相手の技で客席まで吹っ飛んだりと盛りだくさん!

なので、精神状態が究極の平等院が捨て身の戦いを挑んでいますから、そこでとんでもない究極技が登場しても不思議じゃないですよね!

 

新テニスの王子様349・350・351話ネタバレの考察|決勝は中学生が主体に?

ここまでドイツと互角以上の戦いを見せている日本代表ですが、かなり実力者を投入したことから、決勝の出場選手がかなり手薄になりそうですよね・・・

決勝のオーダーが、本当にどうなるのか心配です。

間違いなく確定している中学生は、越前と跡部の出場は確実でしょう。

しかし、高校生は鬼、平等院、デューク、種子島といった上位メンバーがほぼいない状態です。

残るは徳川くらいしかまともに通用する選手が残ってないかもしれません・・・

となるとまさかの中学生メインで戦うことになるのか?

 

新テニスの王子様349・350・351話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

スポンサーリンク

新テニスの王子様349・350・351話ネタバレ


新テニスの王子様349・350・351話のネタバレを紹介していきます!

 

新テニスの王子様349・350・351話ネタバレ|平等院の覚悟

タイブレークに突入!

しかし、平等院に異変が起こります・・・

阿久津が第8の意識「無没識」を覚醒させた姿に似ていますが、平等院の方が遥かに多い分身の数。

その分身から繰り出される「阿羅耶識」によって、幾重もの攻撃がボルクを襲います。

平等院は諸行無常と知れ・・・と呟き飛び上がります。

対するボルクは、この平等院の攻撃に対して覚悟を決めて、自分の力を振り絞って技を返すと決めます。

平等院が放った一撃は、ボルクのラケットを無常にも通過し得点を許します。

これによって日本チームは7点を獲得し、最終セットで勝負がもつれる展開!

鬼は平等院を見ていて、もう限界に近づいていると感じ止めますが、火のついた魂は止められないだろ?と平等院がやめる気配はありません。

大変な修行の末に「阿羅耶識」を習得し、その時の師匠の言葉「滅びよ、そして甦れ!」が響いていました。

ベンチに腰を下ろした平等院は徳川とリョーマを呼び出し、日本を任せた!と次世代に思いを繋ぎました。

 

新テニスの王子様349・350・351話ネタバレ|阿羅耶識で勝負を決める

勝負が決するファイナルセット。

平等院の「阿羅耶識」を使いながら、無意識に潜在意識から攻撃パターンを導きボルクを追い詰めていきます。

平等院は阿修羅の神道で門を開けましたが、それから横道に入ったことによって「無没識」を習得しました。

平等院はこれから先、強さに悩んだ後輩が来る事を予想していたのです。

命尽き果てても突き進め!

滅びたとしても蘇れない奴は、それまで。

蘇れない奴は、所詮逃げるだけ。

この試合に全てを掛け、一歩も引かない戦い。

ボルクはこんな選手がテニス界、日本代表にいたことに驚いています。

 

新テニスの王子様349・350・351話ネタバレ|平等院が力尽きる

この試合の数日前、ボルクと手塚はダブルスの練習をしていました。

ボルクは相手が「能力共鳴」を使うことを察知し、「細部まで観察して見落とすな!」と指示を出します。

ボルクに応える形で、手塚ゾーンを使って球を捕えますが、それでもまだ何かを探し求めており、なにか足りないように鋭く光るのでした。

そして、この試合でボルクは手塚ゾーンを繰り出し、それにプラスして自分の技「渦巻の洗礼」を組み合わせることによって、1人で「能力共鳴」を使います。

しかし、覚悟を決めている平等院はボルクの「能力共鳴」を見ても、一歩も引きません。

平等院はボルクの球に突進し、日本の旗を頂点に!という思いで戦います。

平等院はボルクの攻撃を受けると、背中に掲げられた海賊の姿が薄れ、それ同時に血を吐きながら、コートに崩れ落ちます・・・

無心で戦い続けたボルクでしたが、ここまで興奮する試合はプロになってから無かったことに気がつきます。

コートに倒れた平等院に、必ずプロに上がって来い!と呟き去ろうとしますが、限界を超えたと思われる平等院は再び立ち上がりラケットを振りかざしています!

 

スポンサーリンク

まとめ


ここまで、2021年11月4日発売のジャンプSQ.掲載漫画新テニスの王子様349・350・351話ネタバレ【平等院が満身創痍で勝利を掴む?ボルクが一人で能力共鳴】をご紹介しましたがいかがでしたか?

ボルクが試合は勝ったように思いましたが、最後の平等院で分からなくなりましたね・・・

ボルクの方は余裕がありそうなので、まだ試合を続行できそうですが、平等院はかなり厳しそうですよね。

また、決勝の試合も徐々に見据えた戦いになるので、それぞれの戦略も楽しみですね。

以上、新テニスの王子様349・350・351話ネタバレ【平等院が満身創痍で勝利を掴む?ボルクが一人で能力共鳴】でした!

関連サイト:ジャンプスクエア公式HP/ウィキペディア/アニメ公式サイト

スポンサーリンク