弱虫ペダル

弱虫ペダル664話ネタバレ【銅橋と悠人の追い上げが凄まじい!隼人は逃げ切れるか?】

弱虫ペダル664話ネタバレ【銅橋と悠人の追い上げが凄まじい!隼人は逃げ切れるか?】
スポンサーリンク
Pocket

2021年11月18日発売の週刊少年チャンピオン掲載漫画弱虫ペダル664話ネタバレ【銅橋と悠人の追い上げが凄まじい!隼人は逃げ切れるか?】を紹介していきますよ。

3年生と新開隼人VS1、2年生という展開ですが、明らかに上級生の方が戦力的には強いです。

ただ、このレースで悠人が本気になっているので、スプリントも注目していきたいと思います!

相当、兄である隼人にコンプレックスを持てっているようなので、何とか克服して欲しいですね。

それでは、2021年11月18日発売の週刊少年チャンピオン掲載漫画弱虫ペダル664話ネタバレ【銅橋と悠人の追い上げが凄まじい!隼人は逃げ切れるか?】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<弱虫ペダル最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

弱虫ペダル664話ネタバレの考察


弱虫ペダル664話以降に起こりうる展開を考察していきます!

 

弱虫ペダル664話ネタバレの考察|真波の狙いは?

3年生を送る会のような、アットホームな想像していましたがいい意味で裏切られました(笑)

ここまでガチンコ対決を見られるとは。

真波の狙いとしては、新開隼人と泉田の最強スプリンタータッグを実現させたり、銅橋を開花させるというよりも、新開兄弟の方にあると思います。

兄弟対決を通して、これまで悠人が抱えてきた劣等感を除去し、さらにはクライマーではなくスプリンターとしての才能が開花することを狙っているのではないでしょうか?

 

弱虫ペダル664話ネタバレの考察|悠人はオールラウンダーだった

いよいよ本格的にスプリンターとしての才能も開花するような伏線があります。

間違いなく、兄・隼人同様に悠人にもスプリンターとしての才能が間違いなくあり、それを開花させるきっかけになるのは、兄弟対決でしょう。

それなりにクライマーとしてもこなしていた悠人は、オールラウンダーということになりますね!

インターハイ頃には、今泉とか御堂筋みたいな感じに仕上っていると、箱根学園はかなり強くなるでしょう。

銅橋がスプリンター、真波がクライマー、高田城はオールラウンダーのようですが頭脳派でもあります。

となると、悠人が箱根学園のエース的な役割を担うということなのでしょうか?

 

弱虫ペダル664話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

 

スポンサーリンク

弱虫ペダル664話ネタバレ


弱虫ペダル664話のネタバレを紹介していきます!

 

弱虫ペダル664話ネタバレ|悠人の葛藤

追い出しレース前半で一番最初に飛び出したのは箱根学園が誇る新旧エーススプリンター。

新開隼人と泉田塔一郎の2人。

箱根学園の歴代最速と言っても過言ではなく、平坦な道では一番戦いたくない相手でもあります。

飛び出したそ泉田に余裕でついていく隼人。

3年生である泉田にとって隼人は、まさに憧れの存在。

追い出しレースということも忘れて、猛烈な幸せに襲われていました。

そんな2人を追いかける銅橋。

そして、悠人が加わって何とか追っています。

かなり差が広がっているので、タイミング的には一刻も早く飛び出すべき状況。

しかし、悠人の気持ちには隼人と会いたくないという思いもあり、なかなか踏ん切りがつきません。

このような状況で黒田は悠人に対して、このままだと余裕で最初のスプリントは3年の勝利となり、在校生チームの星は取られると言います。

それでも考える悠人にしびれを切らした銅橋は、悠人を引く形で飛び出したのです。

 

弱虫ペダル664話ネタバレ|加速して飛び出す悠人

黒田に言われた悠人は、隼人に会いたくない気持ちよりも、隼人に星を取られたくないという思いの方が強く、やっと闘志に火がつきました。

まさに黒田は、このような悠人の内側に眠る超負けず嫌いな性格を知っていたからこそ、自然な形で奮起させることに成功したのです。

ついに悠人が本気になり、3年生に追いつくのはそう遠くないでしょう。

悠人はスイッチを入れるように、兄と同じくポケットから補給食を取り出し、中身にかじりつきます。

先ほどまでの葛藤は嘘のように、迷いは消えて完全ヤル気モードの目。

ついには前を走る銅橋にスピードアップを要求(笑)

いきなり悠人の態度が変わり、「遅い」と言われカチンと来る銅橋。

これまでは悠人を気遣って、セーブしていたみたいです。

悠人の一言で、望み通り全開までアゲてやると意気込み、死ぬ気でついてこいと言います。

銅橋が全開で走行する後ろを走るのは、悠人にとって初めての経験。

これまで悠人が知る銅橋は、荒々しい言動だったことから走りも粗いのだろうと思っていました。

しかし、実際は全くの逆でペダリングは超丁寧で一切のブレ・無駄がありません。

平坦で速度を上げる為に必要なのは、このような綺麗なペダリング。

そして安定するペダリングを支える腰回り。

いくら速度が遅くても、ペダリングが下手なヤツの後ろを走行すると速度にムラがあって、逆に疲れます。

一方、銅橋のように綺麗なペダリングでムラの無い走りであれば、速度は速くともスムーズで余裕をもってついていけるのです。

このようなペダリングは簡単に習得できるものではなく、練習をまじめにやってる証拠!

 

弱虫ペダル664話ネタバレ|ついに見える背中

銅橋を先頭に全力で追うこと数分・・・

銅橋は道の先の河津交差点手前にある白いラインで、スプリントの勝敗が決まると悠人に言います。

尚も追うこと、ゴールまで6km手前地点で、ついに先を走る二人の背中が見えました。

隼人と泉田は銅橋と悠人を確認して驚きと、その成長を嬉しく感じているようです。

しかしながら、勝負での勝ち負けはまた別の話。

どんなレースであれ、全力を尽くすのが礼儀!

いくら下級生だからと言って、泉田は負けるつもりは全くありません。

ついに泉田は隼人を送り出し、勝負を託します。

一方の銅橋も悠人に託して、新開対決へ。

 

スポンサーリンク

まとめ


ここまで、2021年11月18日発売の週刊少年チャンピオン掲載漫画弱虫ペダル664話ネタバレ【銅橋と悠人の追い上げが凄まじい!隼人は逃げ切れるか?】をご紹介しましたがいかがでしたか?

スプリントレースはいよいよ終盤に突入し、エース対決になります。

泉田と隼人の2人の独断場になると思われましたが、ここにきて追い上げる悠人と銅橋が逆転するのか?気になる所ですよね!

以上、弱虫ペダル664話ネタバレ【銅橋と悠人の追い上げが凄まじい!隼人は逃げ切れるか?】でした!

スポンサーリンク