キングダム

キングダム701話ネタバレ【廉頗からの助けを拒否!李牧がついに桓騎と激突?】

キングダム701話ネタバレ【廉頗からの助けを拒否!李牧がついに桓騎と激突?】
スポンサーリンク
Pocket

2021年11月25日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム701話ネタバレ【廉頗からの助けを拒否!李牧がついに桓騎と激突?】を紹介していきますよ。

秦国の前線は兵も補給され、すぐにでも追撃可能な状態なので、このままさらに進軍することになるでしょう。

そんな状況で郭開は、廉頗からの応援を拒否して、自らの権力が行き届く李牧を戦場に送りました。

史実通りではありますが、個人的には廉頗の活躍も見たかったですね!

それでは、2021年11月25日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム701話ネタバレ【廉頗からの助けを拒否!李牧がついに桓騎と激突?】をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

<<キングダム最終回の結末ネタバレ予想

 

スポンサーリンク

キングダム701話ネタバレの考察


キングダム701話以降に起こりうる展開を考察していきます!

 

キングダム701話ネタバレの考察|趙国内が大荒れに?

趙国の中で動きが中心に描かれそうですね!

特に総大将を失った軍の立て直しは急務で、国の存亡がかかっていますからね。

ここでの大本命は下記でも考察していますが、李牧であることは間違いないでしょう。

しかし、李牧を左遷した郭開などがすんなり呼び戻すというのは考えにくいでしょう。

そんな趙国内の混乱とゴタゴタが見られるような展開になるでしょうね!

 

キングダム701話ネタバレの考察|李牧が再登場へ

この戦において桓騎が10万の首を刎ね、勝利したとしても不穏な空気が流れそうですよね・・・

まず考えられるのが、黒羊丘の戦いの時みたいに桓騎軍に対して飛信隊が同士討ちの行動に出るというパターン。

蛮行を信が認めるはずがありませんからね!

これでは王賁にとっても気持ちの良い勝利にはならないでしょう。

また、相手国にも変化が生まれるかもしれません。

まずは六大将軍の制度に対する包囲網が強くなると思われ、特に危険な状況下にある趙国は改めて李牧を軍のトップに添えることを迷わないでしょうね。

 

キングダム701話ネタバレの考察|空白の1年間?

史実によると、李牧が登用されるのは桓騎が扈輒を討ち、十万の首を刎ねた翌年だそうです。

ということは、この後空白の1年があるということになります。

となると、李牧との戦いの前に、オリジナルのストーリーがある可能性があります。

趙の将軍として郭開の元に呼び寄せられるのが、先に李白になり桓騎と戦うという展開もあるかもしれません。

李白については「守りの将」として有名なので、人物でもあります。

ですので、趙国の喉元まで迫っている秦国に対して、守りの李白が活躍することになるかもしれません。

 

キングダム701話ネタバレの考察|桓騎将軍の回想シーンがある?

一応、桓騎軍の軍師を務める魔論。

しかしながら、その言葉は全く無視して作戦を続行し焦っていますが、雷土は桓騎軍の基本姿勢はどんな相手だろうが兵力差があろうが「戦って勝つ」ただそれだけと言いました。

確かにこれまで、奇策が功を奏して勝利を続けてきた桓騎軍ではありますが、魔論の言う通り今までとは戦いの規模が違うのも事実。

そもそも桓騎将軍が戦において考えている事、それが何の為なのか?というのは雷土にも分からないようです。

とにかく結果を出し続ける桓騎将軍を信じて、ここまでついてきたわけです。

しかし、桓騎将軍の側近と思える雷土ですらも桓騎将軍という男の「怒り」というものの本質については理解していないと思います。

ですので、このあたりで一度桓騎将軍に関する回想シーンが入ると予想します!

 

キングダム701話ネタバレの考察|ツイッターの感想・予想

 

スポンサーリンク

キングダム701話ネタバレ


キングダム701話のネタバレを紹介していきます!

 

キングダム701話ネタバレ|権力を手放したくない郭開

趙国の民心は侵略者・秦国が行った、非道に対する怒りに満ち満ちているようです。

やはり士気が上がっているようで、非戦闘員である民衆も戦うような覚悟が伝わります。

まさに趙国の存亡をかけた戦いに、民衆の心は一つになっていました。

そんな状況下で開かれている、郭開を中心とした文官達の会議。

邯鄲に残された戦力は、王都防衛の為に大戦力が温存されているようです。

なので、秦国の侵攻によって邯鄲がすぐ落とされるような状況ではないようです。

しかし、状況は最悪でこの先の展開次第では邯鄲から逃げる者が現れる可能性も考えられます。

そうなってしまえば、せっかくの大戦力も無意味。

作戦の一つとして、王を邯鄲から逃すというという選択肢もあり得ますが、郭開個人の思いとしては、せっかく握った絶大な権力は失いたくありません・・・

最重要なのは自身が権力の座にあり続けるか否かということ。

これまで郭開はこれと言った功績はなく、悪知恵と運の力によって権力の座についた男。

そんな郭開ですら、この状況では妙案が浮かばないようで、権力どころか国すら無くなるという事態に焦りの色は隠せません・・・

 

キングダム701話ネタバレ|郭開が廉頗の申し出を拒否

郭開が追い詰められていると、一つの報せが届きます

それは、元三大天の一人だった廉頗が帰国する用意があるという内容。

廉頗といえば、前王の悼襄王があまりの愚王だったので、我慢できず魏に亡命しています。

その後、秦国との戦に敗れたことで楚に亡命し、楚の将軍として活躍していたようです。

各国を転々とする廉頗の中にも、やはり趙に対する愛国心というのは少なからずあるようですね。

廉頗は介子方と姜燕を従えて趙国の連絡員にその旨を伝え、連絡員はその心意気に涙しています。

廉頗としては、趙国を救って戦に賭けた人生の終焉にするという覚悟があったことでしょう。

しかしながら、この申し出に対して郭開は喜ぶことなく、むしろ難色を示します。

その理由として、廉頗が愚王と呼んだ悼襄王の更に上を行く愚王である、今の幽繆王と上手く連携して戦えるはずが無いと考えたからです。

この点は、郭開にしてはよく考えたと思います(笑)

また、文官達に対してどんな振る舞いをするか分かったものではなく、郭開の地位や権力を脅かす存在になるかもしれません。

愚王に使える文官は愚臣、奸臣と考えられ、例え上手く危機を乗り切ったとしても、その後で廉頗を制御する自信もないのでしょう。

 

キングダム701話ネタバレ|ついに李牧が再登場!

廉頗から直接打診を持ち帰った連絡員は、郭開の方針に全然納得できないようです。

この軋轢についても郭開は打つ手が早く、年老いて将軍としては使いものにはならないというデマを流して、廉頗が帰還する機運を阻害します。

史実においても廉頗は、二度と故郷の土を踏まずに異国で死んだ事になっており、今作では郭開が原因みたいです。

ということで、消去法ではありますが郭開達が頼るものは李牧しかいなくなります。

郭開にしてみれば李牧の方が、まだ扱いやすいという考えがあったのでしょう。

李牧に兵権を与えるのは望ましくないと思いつつも李牧はこの後、桓騎を破ることになり郭開の判断はある意味で正しかったと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ


ここまで、2021年11月25日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画キングダム701話ネタバレ【廉頗からの助けを拒否!李牧がついに桓騎と激突?】をご紹介しましたがいかがでしたか?

趙国は追い込まれた状態ですが、李牧と司馬尚という強力な将軍が残っているので、史実の観点から見てもまだまだ戦いは続くでしょう。

10万の首刎ねを行った恨みも重なって、趙国の抵抗はさらに強固なものになるでしょうね。

以上、キングダム701話ネタバレ【廉頗からの助けを拒否!李牧がついに桓騎と激突?】でした!

スポンサーリンク